わびさびハウスについて

会社概要

わびさびハウス株式会社という会社について
商号 わびさびハウス株式会社
代表者 天野康伸
所在地 【主要事業所】
〒150-0002
東京都世田谷区三軒茶屋1−29−13−407

http://www.shibuyamov.com/access/
資本金 1,000,000円
取引銀行 みずほ銀行
設立 2012年12月
Eメール info@wabisabihouse.jp
電話 080-4388-5777
Skype info@wabisabihouse.jp
事業内容
  • シェアハウス運営事業
  • シェアハウス総合プロデュース
  • ホテル、旅館の運営管理
  • ウェブコンテンツの企画
  • コンサルティング
  • インテリアコーディネート
  • 不動産仲介管理

代表者 ご挨拶

わびさびハウスの代表・天野のご挨拶

シェアハウスを広げたい。

長年にわたり培った外資系法人向け不動産業のノウハウを活かし2005年に国際交流をコンセプトにおいたシェアハウス運営及び総合プロデュース事業としてわびさびハウスを創業しました。
今後20年、人口の半数以上がシニア世代となる超高齢社会を迎える日本。 この若者層空洞化を何とかしなければなりません。

弊社はシェアハウスという舞台において国際交流を通して日本人のDNAに染みこんでいる排他的、閉鎖的感情を破壊して外国人の若者の国内移住をもっとスムースにすることで国内の若者層の国際的な文化を盛り上げていくお手伝いがしたいと考えております。

異なる文化と文化、価値観と価値観をぶつけ合い、その衝撃により生み出されてくるであろう何千、何万という"新しいもの"を見守っていくことに喜びを感じています。

そういう意味では洗練された住空間の作り込みは基より、建て方もその後の住まい方にも焦点を当てて入居した後の住人さん達のハッピーを創造していき、真にインターナショナルな日本社会にしていくことを企業理念として事業運営に取り組んでおります。

今後も攻めていきます。どうか皆様、ご理解とご支援を賜ります共にどうぞご期待下さい。
何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 天野康伸
代表取締役 天野康伸 わびさびハウス株式会社

代表者略歴・資格

年月 出来事・資格
1969年11月 さいたま市生まれ
1990年4月 専門学校日本デザイナー学院卒業
グラフィックデザインを学ぶ
2000年10月 株式会社アールイーエー (センチュリー21) 入社
約10年にわたる飲食店プロデュース業に携わった後、不動産業界に参入。
中古マンション、戸建ての仲介営業に携わる。
2002年9月 スカイリアルティ株式会社 (センチュリー21) 入社
カナダ人社長の元、麻布界隈で外資系法人役員や
外交官など海外駐在員向け高級住宅の斡旋、
仲介営業に携わる。
2005年1月 宅地建物取引士資格取得
副業としてシェアハウスビジネスを始める。
2012年12月 わびさびハウス株式会社 設立
インターナショナルな若者文化に刺激を与えるべく日々奔走する。
2014年7月 一般社団法人日本シェアハウス・ゲストハウス連盟理事就任。
2017年3月 渋谷ヒカリエ8F クリエイティブラウンジMOVにオフィスを移転。
2020年10月 世田谷区三軒茶屋にオフィスを移転。

わびさびハウスプロジェクトについて

わびさびハウス × 日本 × 至福のひととき

日本が好きだ、そして東京も大好きだ。

日本では美しい四季が楽しめる。

春は桜。2週間程とその命ははかないが、だからこそお花見をたくさん楽しめる。桜は世界中で胸を張って自慢できる日本の美しい花であり木である。

夏は暑さの中で工夫によって涼を楽しむ文化がある。うちわや扇子、うち水や風鈴の音色は涼を促す。町々に広がる生い茂る緑は人々の目を癒す。浴衣を着てお祭りや花火を楽しむのも夏の醍醐味。

東京の空

秋は食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、少し涼しくなるのでいろいろアクティブに楽しめるということだろう。栗ごはん、キノコやタケノコごはんなんかはこの上なくおいしい。山々に広がる眩いばかりの紅葉は人々の目を楽しませる。

冬は雪、実は東京ではあまり降らない。寒さの中に工夫によって暖を感じる事ができる。はんてんを着てこたつでミカンはたまらなく心地よい。いろいろな種類のお鍋を熱燗と共に楽しめる。空が冷たく透き通りこの時期に東京から見える富士山は美しくもあり頼もしくもある。

和傘

ただ何となく生きているのはつまらない。
仕事でしょうがなく東京に来ているのかもしれないし、不本意ながらここに、ただ暮らしているのかもしれない。

もしかしたら言葉の壁やこの東京で暮らす人々との考え方の違い、新しい仕事のストレスで萎縮して東京が嫌いになってしまうかもしれない。

それってなんだかもったいないと思いませんか。
せっかく日本に、東京にいるのだからもっと日々の生活を楽しみましょうよ。

そういう人々が集まれば日々の暮らしに彩りを添えるヒントやアイデアがきっと生まれるんじゃありませんか?

そんな方々の憩いの場になればという思いで私たちはこのわびさびハウスを作りました。

私たちと一緒に日本の、この東京での暮らしに一筆、彩りを添えてみませんか。

舞妓